新象作家協会小史

第14回展 1971年(昭和46年)6月15日〜27日

第14回展画集表紙第14回展画集裏表紙

第14回展チケット
  • 会場       東京都美術館
  • 受賞
    • 協会賞    やすだひろし
    • 奨励賞    戸口輝夫、福島一良

  • 新会員
    • ツゲマツミホゾウ、岸本一夫、佐々木みのる、金子忠志、及川節郎、稲嶺成祚、斉藤充司、小田光代、高尾逸登、片山多嘉子

  • 第14回展画集刊行
    • 15回記念展をひかえ、新象の発足とこれからの問題をふくめ、創立会員、新会員10名で「新象を考える」をテーマに座談会を開き画集に収録。
  • 本展巡回     名古屋、大阪、京都において開催。
    • この年限り美術館改築のため浜松展中止。
  • 本年度より会友制度を打ち切る。
  • 沖縄、長野、南九州事務所新設。
  • 協会事務所    下田悌三郎
  • 【流行・話題】ボウリングブーム、アンノン族、スマイルバッジ

  • ドル・ショック、スモン訴訟、雫石上空で全日空機と自衛隊機が空中衝突、群馬県連続女性殺人事件、ネズミ講「天下一家の会」に強制捜査 。成田新空港反対闘争 。「ばんだい」事故 。川崎崖崩れ事故 。天皇、ヨーロッパ訪問 。